【1/18(土)〜2/16(日)】かまわぬ〜手ぬぐいで知る、温故知新の暮らし。


手ぬぐいの用途は、水分を拭うだけではありません。
頭や首に巻いたり、昔は生地を裂いて修理に使ったり。包むことも得意です。

奈良時代の昔から、大切なものは紙や布で包んできた日本人。
「包む」は、ものをていねいに扱う気持ちのあらわれです。

お弁当や手土産から、日本酒の四合瓶やワインボトルのような
形のものまで包めるのは、手ぬぐいならでは。
多様に使えて、とてもエコロジカル。

シーンにあわせて、手ぬぐいの柄と包み方を選んでみませんか?